5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

綾瀬はるか主演の八重の桜が大コケした原因を考察しよう [無断転載禁止]©2ch.net

1 :旭=1000:2016/02/11(木) 22:37:18.70 ID:aG07ztnG
 

2 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:20:56.31 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

3 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:21:13.23 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

4 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:21:28.73 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

5 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:21:44.04 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

6 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:22:38.43 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

7 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:22:53.96 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

8 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:09.65 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

9 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:25.26 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

10 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:40.83 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

11 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:56.18 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

12 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:11.68 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

13 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:27.20 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

14 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:42.69 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

15 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:58.26 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

16 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:25:13.85 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

17 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:25:29.37 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

18 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:25:44.69 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

19 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:26:00.54 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

20 :p53 ★:やっと出た
p53 ver 0.37 (Perl,SJIS) 2016/02/07 FOX. [on]
元のスレ http://nhk.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1455197839/1
86137 -> 73852 (バイト)
p53 文句・要望・怒りはこちら http://dig.2ch.net/?keywords=p53&Bbs=operatex
p53 とは、http://server.maido3.com/?txt=kirei#top


21 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:27:02.50 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

22 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:27:17.74 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

23 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:27:33.17 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

24 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:27:48.51 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)