5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

綾瀬はるか主演の八重の桜が大コケした原因を考察しよう [無断転載禁止]©2ch.net

1 :旭=1000:2016/02/11(木) 22:37:18.70 ID:aG07ztnG
 

2 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:20:56.31 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

3 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:21:13.23 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

4 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:21:28.73 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

5 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:21:44.04 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

6 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:22:38.43 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

7 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:22:53.96 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

8 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:09.65 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

9 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:25.26 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

10 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:40.83 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

11 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:23:56.18 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

12 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:11.68 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

13 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:27.20 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

14 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:42.69 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

15 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:24:58.26 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

16 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:25:13.85 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

17 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:25:29.37 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

18 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:25:44.69 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

19 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:26:00.54 ID:A9y1wPDl
<J1:東京3−1新潟>◇第2節◇15日◇味スタ
東京の元日本代表FW前田遼一(33)が、貴重な追加点を演出した。1点リードの後半4分。ペナルティーエリア内の左から強引にドリブルを仕掛
けた。寄せ付けないパワーをみせ、くってかかる新潟DFを切り返してかわすと、中をよくみてパス。
後方から飛び込んだMF高橋秀人(27)が右足で蹴り込んだ。前線でのキープ力が呼んだ追加点。「打とうかなと思ったけど、確実にやろうと。
ヒデ(高橋)がいいタイミングで入ってきてくれた」と前田。シーズン序盤は不調で苦しんだが、徐々に存在感が増してきた。
アルビレックス新潟は14日、上海申キンからDF林裕煥(31)の移籍加入が内定したと発表した。
同選手は本日14日からチームに合流し、今後メディカルチェックを経て正式契約を行う予定となっている。新潟は第1ステージで17位に終わってい
た 新潟によると、「優れた対人能力とハードワークをおこたらないセンターバック。豊富な経験を持ち、DFラインを統率するリーダーシップも魅力」
という特長を持つ林裕煥はクラブを通じて、
「チームが厳しい状況にあることは知っています。いち早くチームに慣れることができるように努力し、柳下監督が求めることを理解して、チームの
勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。以下、クラブ発表のプロフィール
磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」
気仙小仮設グラウンド(奥)の横に名前入りのテーブル&椅子セットを寄贈したFWジェイ J2磐田の元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド
(33)が13日、東日本大震災の被災地・
岩手県陸前高田市を訪れた。3月8日北九州戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)で獲得した賞金10万円を被災地に寄付しており、今回は自ら訪
問を希望。MOMの賞金で寄贈したテーブル&椅子セットが置かれる同市・気仙小学校の仮設グラウンドなどを巡り歩いた。
 かつて、そこには12軒の家が立っていた。水田が広がっていた。全てを失い、水産工場から流れついた魚の腐敗臭が立ち込めていた大地には今、
サッカーコート2面分の青い芝が広がっている。 気仙小の仮設グラウンドを訪れたジェイ。5月に寄贈したテーブル&椅子セットは、利用者の憩い
の場として活用されている。地元の気仙杉を使った職人手作りの逸品に「非常に素晴らしい」とほほ笑んだ。 その後は陸前高田一中を訪れ、サッカ
ー部員26人と交流。「夢を実現できるように頑張ってほしい」と伝えた。市役所を訪問後、かつての市街地へ。海岸沿いに残る5階建てのアパート。
4階の窓ガラスがない廃虚を、静かに写真に収めた。 「自分が行ったことは、本当に、本当にわずかで、どのくらいにもならない。だけど、こうい
う機会をご縁として頂けたことをうれしく思う」 東日本大震災のニュースは、当時いた母国・英国でも報道された。「愛する家族を失ったり財産を
失ったりした悲劇は、自分も妻も心に残っていた」という。前日12日夜にアウェー栃木戦を終えたばかりのハードな日程の中でも、被災地を訪れた
かった。「この自分の目で状況を見たかった」からだ。 街は今、土地区画整理事業で盛り土によるかさ上げ工事が進む。「今ここに来てから、何が
起こったのか、事実が分かった」。各所を訪れた後、そうつぶやいたエースは続けた。 「日本に来た他の外国人選手もここに来て、何かを感じて与え
てほしい。たとえ悲惨な日本の文化であっても、触れるべきではないかと思う。僕はまた何度も来たい。できれば(仮設)グラウンドで練習もしたい」
 旅の最後に、6月6日金沢戦のMOMの賞金も被災地復興のために寄付する意向を明かした。
2012年ロンドン五輪の柔道男子100キロ超級覇者、テディ・リネール(フランス)が8月24日開幕の
世界選手権(カザフスタン・アスタナ)で、男女通じて史上初の大会7連覇を目指す。身長204センチと
大柄な26歳は、圧倒的な力を誇示。「フランスには練習相手がいない」と来日して、各大学の道場を
回って鍛えたほどだ。東京都内の国士舘大で6月に公開された練習では、4月の全日本選手権を初制覇した伸び盛りの23歳、
原沢久喜(日本中央競馬会)らを相手に組み手争いで圧力をかけ、支え釣り込み足などで何度もあおむけに
倒した。いったん相手と向き合えば、練習といえども全く容赦がない。
「今日の練習でも、僕は一回も投げられていないよね。おなかが(畳に)ついただけでも腹が立つからね」。
乱取りの合間は笑みも浮かべ、コーチとジョークも飛ばし合うが、ライバルには一切の隙(すき)は見せない。

20 :p53 ★:やっと出た
p53 ver 0.37 (Perl,SJIS) 2016/02/07 FOX. [on]
元のスレ http://nhk.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1455197839/1
86137 -> 73852 (バイト)
p53 文句・要望・怒りはこちら http://dig.2ch.net/?keywords=p53&Bbs=operatex
p53 とは、http://server.maido3.com/?txt=kirei#top


21 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:28:20.17 ID:cj+BB5xk
女がスペンサー銃とか意味わかんないし、描写が荒い

22 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:37:20.21 ID:A9y1wPDl
ソロモン諸島でM7.0の地震 津波の影響なしハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の10日午後1
時13分ごろ、南太平洋のソロモン諸島付近を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震がありました。
気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はないということです。気象庁は震源の近くでは津波が発生するおそれがあるとして午後1
時半すぎに周辺の各国に「北西太平洋津波情報」を発表しています。
真夜中のバイクボーイズ サフール配りに熱狂する若者たち
 ジャカルタ特別州内の目抜き通りを、オートバイやトラックに乗ったムスリムの若者たちが集団で疾走する。それも深夜。となれば暴走族かとも思
うがさにあらず。断食に備えた午前4時ごろに始まる夜明け前の食事「サフール」の呼びかけなのだ。エンジン音や歌声、花火の爆発音が聞こえるに
ぎやかな夜を追った。 サフールは通常、自宅で家族とともに食べる。だが、夜の街に繰り出して路上生活者やごみ収集人に食事を配り、サフールの
時間になると、屋外で仲間と食事を取る若者も多い。
 南ジャカルタ・ファトマワティにある第41州立職業高校の生徒や卒業生たち200人も、高校名が記された旗を振りながら、街中を駆け回り食事を
配った。 4日午後11時に同校を出発、翌5日午前2時ごろ中央ジャカルタのサリナデパート前を通過、西ジャカルタ・コタ駅へ。同校卒業生で大学
に通うルンナ・グスティ・ユナルトさん(19)は、後輩たちの安全を見守るために同行した。 サフールの呼びかけについては「自分たちでお金を集
め、弁当を買い、貧しい人に手渡す。断食を乗り越えるための一体感が強まります」とルンナさんは話す。
道中で配り終えた一行は午前3時ごろコタ駅に到着。白米とアヤムゴレン、テンペの入った弁当を全員で味わった。
 午前4時過ぎ、がらんとした目抜き通りをルンナさんらは帰って行った。「日本の暴走族も見習ってほしい」と思えた夜だった。
火山噴火でバリ島など4空港閉鎖 インドネシア
インドネシアの地元テレビによると、同国運輸省当局者は10日、ジャワ島東部のラウン山の噴火で火山灰が上空に広がったとして、国際的観光地バ
リ島のバリ国際空港など4空港を閉鎖したと明らかにした。 ラウン山は、バリ国際空港の西方約160キロにある。最近、火山活動を活発化させ、
小規模な噴火を繰り返していた。閉鎖されたのはほかに、バリ島東方のロンボク島などの空港。(共同)
 【ベルリン時事】9日付の南ドイツ新聞などは、内部告発サイト「ウィキリークス」の情報として、米国家安全保障局(NSA)がメルケル政権だ
けでなく、1982年に就任した2代前のコール首相の時期から独政府への盗聴を続けていたと報じた。 新たに暴露されたリストには56件の電話
番号などが記載されている。メルケル首相が以前持っていた携帯電話や、首相の側近が今も使っている電話の番号も含まれている。ウィキリークスの
これまでの情報も合わせると、盗聴対象となった独閣僚や高官の番号は計120件を超えている。
11月8日に総選挙を実施すると発表した。アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)氏率いる同国の最大野党・国民民主連盟(NLD)が25
年ぶりに参加する歴史的な選挙となる見通しだ。?ミャンマー政府は、2011年に軍事政権が民政移管して以降、数々の改革を実施してきた。今回の発
表で、長らく期待されてきた選挙への口火が切られる。
NLDは、スー・チー氏が自宅軟禁下にあった1990年の総選挙で圧勝したが、軍事政権が結果を拒否。その後、軍事政権のもとでミャンマーは数十年
にわたって国際的に孤立し続けた。
スー・チー氏は自宅軟禁下で約15年間を過ごし、前回の2010年の総選挙の際も軟禁は続いていた。10年の総選挙は、NLDからボイコットされた他、
不備や不正を非難する声が相次いでいた。
 タイの税関当局は6日、航空貨物の中から見つかった象牙約250キロを押収したと発表した。
タイ税関によると、貨物はアフリカのコンゴ共和国から発送され、タイやシンガポールなどを経由してラオスに送られることになっていたが、バンコ
ク国際空港でのエックス線検査で象牙が隠されているのが見つかった。
アフリカゾウはワシントン条約で国際取引が禁止されているが、中国などの経済発展に伴って象牙の需要が増えている。(共同)
襲われて死亡したと公表した。フォルクスワーゲンのHeiko Hillwig報道官によると、作業中にロボットが突然
従業員をつかんで金属プレートに押し当てた。ひどい傷を負った従業員は病院に運ばれた後、死亡した。Heiko報道官によると、事故原因は操

23 :日曜8時の名無しさん:2016/02/11(木) 23:37:35.82 ID:A9y1wPDl
ソロモン諸島でM7.0の地震 津波の影響なしハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の10日午後1
時13分ごろ、南太平洋のソロモン諸島付近を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震がありました。
気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はないということです。気象庁は震源の近くでは津波が発生するおそれがあるとして午後1
時半すぎに周辺の各国に「北西太平洋津波情報」を発表しています。
真夜中のバイクボーイズ サフール配りに熱狂する若者たち
 ジャカルタ特別州内の目抜き通りを、オートバイやトラックに乗ったムスリムの若者たちが集団で疾走する。それも深夜。となれば暴走族かとも思
うがさにあらず。断食に備えた午前4時ごろに始まる夜明け前の食事「サフール」の呼びかけなのだ。エンジン音や歌声、花火の爆発音が聞こえるに
ぎやかな夜を追った。 サフールは通常、自宅で家族とともに食べる。だが、夜の街に繰り出して路上生活者やごみ収集人に食事を配り、サフールの
時間になると、屋外で仲間と食事を取る若者も多い。
 南ジャカルタ・ファトマワティにある第41州立職業高校の生徒や卒業生たち200人も、高校名が記された旗を振りながら、街中を駆け回り食事を
配った。 4日午後11時に同校を出発、翌5日午前2時ごろ中央ジャカルタのサリナデパート前を通過、西ジャカルタ・コタ駅へ。同校卒業生で大学
に通うルンナ・グスティ・ユナルトさん(19)は、後輩たちの安全を見守るために同行した。 サフールの呼びかけについては「自分たちでお金を集
め、弁当を買い、貧しい人に手渡す。断食を乗り越えるための一体感が強まります」とルンナさんは話す。
道中で配り終えた一行は午前3時ごろコタ駅に到着。白米とアヤムゴレン、テンペの入った弁当を全員で味わった。
 午前4時過ぎ、がらんとした目抜き通りをルンナさんらは帰って行った。「日本の暴走族も見習ってほしい」と思えた夜だった。
火山噴火でバリ島など4空港閉鎖 インドネシア
インドネシアの地元テレビによると、同国運輸省当局者は10日、ジャワ島東部のラウン山の噴火で火山灰が上空に広がったとして、国際的観光地バ
リ島のバリ国際空港など4空港を閉鎖したと明らかにした。 ラウン山は、バリ国際空港の西方約160キロにある。最近、火山活動を活発化させ、
小規模な噴火を繰り返していた。閉鎖されたのはほかに、バリ島東方のロンボク島などの空港。(共同)
 【ベルリン時事】9日付の南ドイツ新聞などは、内部告発サイト「ウィキリークス」の情報として、米国家安全保障局(NSA)がメルケル政権だ
けでなく、1982年に就任した2代前のコール首相の時期から独政府への盗聴を続けていたと報じた。 新たに暴露されたリストには56件の電話
番号などが記載されている。メルケル首相が以前持っていた携帯電話や、首相の側近が今も使っている電話の番号も含まれている。ウィキリークスの
これまでの情報も合わせると、盗聴対象となった独閣僚や高官の番号は計120件を超えている。
11月8日に総選挙を実施すると発表した。アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)氏率いる同国の最大野党・国民民主連盟(NLD)が25
年ぶりに参加する歴史的な選挙となる見通しだ。?ミャンマー政府は、2011年に軍事政権が民政移管して以降、数々の改革を実施してきた。今回の発
表で、長らく期待されてきた選挙への口火が切られる。
NLDは、スー・チー氏が自宅軟禁下にあった1990年の総選挙で圧勝したが、軍事政権が結果を拒否。その後、軍事政権のもとでミャンマーは数十年
にわたって国際的に孤立し続けた。
スー・チー氏は自宅軟禁下で約15年間を過ごし、前回の2010年の総選挙の際も軟禁は続いていた。10年の総選挙は、NLDからボイコットされた他、
不備や不正を非難する声が相次いでいた。
 タイの税関当局は6日、航空貨物の中から見つかった象牙約250キロを押収したと発表した。
タイ税関によると、貨物はアフリカのコンゴ共和国から発送され、タイやシンガポールなどを経由してラオスに送られることになっていたが、バンコ
ク国際空港でのエックス線検査で象牙が隠されているのが見つかった。
アフリカゾウはワシントン条約で国際取引が禁止されているが、中国などの経済発展に伴って象牙の需要が増えている。(共同)
襲われて死亡したと公表した。フォルクスワーゲンのHeiko Hillwig報道官によると、作業中にロボットが突然
従業員をつかんで金属プレートに押し当てた。ひどい傷を負った従業員は病院に運ばれた後、死亡した。Heiko報道官によると、事故原因は操

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)